© 2017 maximatrail all rights reserved 

情けは人のためならず

July 1, 2019

日本の福祉・社会保障政策は成功していない。

 

貧困率が15%というから、およそ2,000万人が貧困状態にある計算だ。

 

生活保護受給者は約200万人にとどまっており、その支給率は十分とはいえないだろう。

 

すべての貧困家庭に対して新たな公的援助を行う場合にはさらに20兆円程度の財源が必要となる。

 

日本のGDPは約600兆円で、国家予算はその半分の300兆円である。

 

富は偏在する。

 

経済的に困窮している人口の10~20%の人を金銭的に支援することに不思議はない。

 

行政の機能は、インフラの整備と安全の確保、富の再分配にある。

 

貧困者にお金を配るとかなりの割合で使ってくれる。

 

本人たちも社会もいいことづくめだ。

 

不正受給は論外だが、発覚するまでは貸しておく

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts

November 1, 2019

September 1, 2019

August 1, 2019

June 1, 2019

May 1, 2019

April 1, 2019

Please reload

動画メッセージ
Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic